前回の続きでトレードに関してして細かく話していこうと思うんですけどまずレバレッジというものがFXが存在します。

基本FXのトレードをやるとき1万ドル=1万通貨っていうような単位でトレードをしていきます。

これ何かっていうと1万通貨っていうのはドルで1万ドルつまり日本円で言うと100万円最低でも1枚の単位でトレードするの200万円必要だということです。

日本の場合、枚1万通貨100万円が軍資金として必要になります。

ですが100万円なんてみんながみんな持ってるものじゃないとおもいます。

なのでFXは低資金で取引を始めることができるのはこのレバレッジというものがあるからです。

日本のレバレッジは25倍です。

レバレッジとは小資金で大きなお金を持っているものとしてトレードできる仕組みのことです。
ここで不安になるのが負けるときも25倍取られちゃうんじゃないかとか10万円かけたとして250万円も負けたらどうするのとか10万円しか口座に入れてないのに150万円を負けたらどうするのとかなど。

レバレッジかけでトレードすること自体怖いですという意見がよくあるんですが実はレバレッジ自体はそこまで怖いものではないです。

なぜなのかというとFXには明確なリスク管理の基準があります。

強制ロスカットという仕組みがあって自分の証拠金の額がある一定の割合以上下がると証券会社の方でこれ以上損すると危険なので決済してくれるシステムがあります。

なので基本的に預けている証拠金10万円だとしたらその10万円以上損することは基本的にはないです。

ただしやってはいけないのがそれを避けるためにお金を追加で業者さんに入れることです。

例えば10万円あって4万円損した時に証券会社が本当は強制的に決済損切りしてくれるんですけどここで10万円入れてしまうと証券会社的にはまだ大丈夫と思って強制ロスカットしないでおこうってなります。

この4万円の損がが5万円6万円というふうに増えていってしまいます。

そうやってどんどん証券会社に生活費や今後絶対に必要になってくる分のお金だとかをどんどん入れてしまうとよくテレビとかでやっているへそくりを全部使ってしまったとか取返しのつかないことになります。

なのでこれだけは絶対にやらないでほしいのがロスカットからの強制ロスカットを避けるために追加でお金を入れてしまうことです。

損切とは

次にていうことで損切りの話をしていこうと思うんですけど利益が出ると期待して買ったのに下落してしまったときに、売却してその損を確定させることで思うように上昇しなかった場合は、損失が大きくなる前にその資金を次の投資にあてるのがいいでしょう。

損切で大損しないために自分に合った損切のルールを決めておくのがいいでしょう。

特に日本人は重要な選択を迫られた時に決断を先送りにしがちなんです。

自分にとって大事な決断をし迫られた時に今の状況をこう冷静に判断して様子を見るのが賢明な判断だっていう風に考えがちなんですけどことFXにおいたそういう常識は適用されないのですぐに自分の判断が違うと思ったら損切りして逃げるっていうのを必ず覚えておいてください。

損切りを長所すると損失はどんどんふくらんでいって大損することになるのでこの損切りの勉強しない人が大抵ネットだとかニュースだとかで大損しましたっていうふうによく出てくるので必ず損切りだけはまずは必ず覚えてください。

 

おすすめの記事