インカムゲインとキャピタルゲイン

FXのインカムゲインとキャピタルゲインについて解説していきます。

両者の違いや特徴を知ればリスクを回避しながらバランスの良い運用ができるようになります。

投資で得られる利益はインカムゲインとキャピタルゲインの2種類に分けられます。

FXのインカムゲインはスワップポイントキャピタルゲインは為替差益です。
インカムゲインは長期的にコツコツ利益を積み重ねるローリスクローリターン型、キャピタルゲインは短期的な売買を繰り返すことで大きな利益獲得を狙うハイリスクハイリターン型と言ったイメージになります。
インカムゲインとは資産を保有しているときに得られる利益のことです。
FXであればスワップポイント株式投資たら該当債券なら利子不動産投資たら賃貸料がインカムゲインに該当します。
FXのスワップポイントとは取引する2国間の金利差によって得られる利益のことです。
FXでは保有しているポジションが日を跨ぐたびに損のその金利差分の利益を受け取ったり損失を支払ったりする必要がありその金額がスワップポイントと呼ばれます。
例えばドル円で1万通貨分の取引をする場合買いポジションを守っていれば日を跨ぐたびに約60円の利益を得ることができます。
売りポジションを持っている場合は日を跨ぐたびに約60円の損失を支払わなければなりません。
FXでインカムゲインを狙う場合は金利が高い通貨を買って長期保有し毎日のスワップポイントをコツコツ貯めていくイメージです。
リスクを抑えつつ運用していくなら年利号から10%を目指した運用がちょうど良いと思います。
インカムゲインの獲得を狙うスワップ投資は一度ポジションを立ててしまえばあとは基本的に放置するだけなので不労所得化することもできます。
また放置するという性質上運用を始めると木の取引量にさえ気を付けておけばいいのでリスクのコントロールがしやすいことも利点です。
逆に短期間で大きな利益を上げることは難しく頑張って勉強しても利益に反映されやにくいという欠点があります。
キャピタルゲインは資産を売買する時の差額によって得られる利益のことです。
100万円で購入した株が105万円で売れたら5万円の利益が出ます。
この5万円がキャピタルゲインです。
FXにおけるキャピタルゲインは為替差益と呼ばれある通貨ペアを安く買って高く売るまたは高く売って安く買い戻すという2種類のアプローチでキャピタルゲインの獲得を狙うことが可能です。
FXでは通貨ペアの売買を繰り返してキャピタルゲインの獲得を目指します。
もちろん勝ちトレードばかりになることはありませんので損益を上下させながらも最終的に利益が残るような戦略を立てていきます。
キャピタルゲインの書くとこを目指す運用の一番のメリットは短期間で大きな利益を上げられることです。
インカムゲイン狙いのスワップ投資が年利で5から10%を目安に運用するのに対しキャピタルゲイン狙いのトレードの場合は外吊りで5から10%を目指す目指すことができます。
チャート分析の勉強やトレードを実践する中での試行錯誤といった努力が利益に反映されやすいというのも利益の一つです。
一方でギャンブル性が高いので感情的になりやすくその結果大きな損失を出してしまうリスクがあること個人差はありますが勝てるようになるまである程度の勉強期間が必要になるというデメリットがあります。

まとめ

最後にインカムゲインとキャピタルゲインの特徴をまとめつつそれぞれの投資スタイルに適した口座選びのポイントをご紹介します。
インカムゲインは年利号から10%を目指して手間をかけずに長期的な安定収入を狙っていきます。
取引する講座を選ぶときはスワップポイントの高さを重要視しましょう。
国内FX会社ならみんなのFXやヒロセ通商はスワップ水準が良いのでおすすめです。
キャピタルゲインは穴離合から10%目指し短期的な売買を繰り返しながら利益を積み上げていきます。
トレードスキルが上達すれば利益効率が抜群に良くなりますので短期間で大きな利益を出していくことも可能です。
取引する講座を選ぶときは取引コストの安さを重要視しましょう。
国内FX会社ならDMM FXやSBI FXトレードがおすすめです

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事