今回はFXの順張りと逆張りというテーマでお届けします。

順張りと逆張りの違いがわからない。

順張りと逆張りは結局どちらがオススメなのこんなあなたは必見の内容です。

FXの順張りと逆張りについてしっかり理解できます。

それでは早速本題に入っていきましょう。

順張りと逆張りとは?

順張りと逆張りとはFXにおける取引手法の一つです。

それぞれ順張りは相場の動きに沿って取引を行うこと逆張りは相場の動きに逆らって取引を行うことを指します。

もう少し詳しく解説していきます。

まず順張りについてですが例えば今は1ドル100円の相場が徐々に1ドル101円1ドル102円と変動していくとします。

この時にそのまま相場は1ドル103円104円105円と変動していくだろうと予測して1ドル102円の時にドルを買い位予想通りに1ドル105円になった時にドルを売り利益を出します。

このように相場の動きに逆らわずに予測を立てて取引を行うことを順張りと言います。

それに対して逆張りは1ドル105円の相場が1ドル100円まで変動した時にそろそろ相場が判定しまた1ドル105円まで戻るだろうと予測を立て1ドル100円時点でドルを買うという方法です。

そして実際に相場が判定し1ドル105円になった時にドルを売り利益を出します。

このように相場が反転しそうなタイミングを見極め相場の動きに逆立った予測を立てて取引を行うことを逆張りと言います。

さらに今の例では順張りと逆張りの何も1ドル100円が1ドル105円に向かう相場の中で取引を行っているのですが反転のタイミングを見極めいち早くドル通貨を買うことに成功した逆張りの方が大きく利益を出しています。

つまり同じような相場の動きでも順張りに比べて逆張りの方が取引に早く参加ができるのでその分大きく利益を出しやすいということです。

順張りと逆張りはどっちのおすすめでは順張りと逆張りはどちらがいいのでしょうか。

結論から言うと初心者の方には順張りがおすすめです。

なぜかというとある程度大きな流れができている相場であれば初心者でも相場の動きが予測しやすく利益を出しやすいからです。

反対に逆張りは相場が反転するタイミングを見極めることが重要でその見極めには相当な経験と知識が求められます。

また先ほど逆張りは大きく利益を出しやすいと説明しましたがその反面予測が外れた時に損失が大きくなりやすい手法です。

ちゃんと損切りなどのリスク管理ができないうちは逆張りはおススメできません。

順張りで注意すること初心者にオススメの取引手法順張りですがそんな順張りにも注意すべきことがあります。

順張りは相場の流れに沿って予測を行い通貨を買ったり売ったりすることで利益を出す手法ですがその予測が外れて取引を行ってすぐに相場が反転してしまうことがあります。

例えば1ドル100円の相場が1ドル105円に向けて動くと予想して1ドル102円の時にドルを買うとします。

でも1ドル105円になると予想していたのにドルを買ってすぐに相場が1ドル100円に戻ってしまったというようなケースですねそうなると利益が出るどころか喪失になってしまいます。

もちろんその後再び反転してもとの予測通りに相場が動くことも考えられますがどれだけ利益が出しやすい手法とはいえリスク管理はしっかりと行うべきです。

予測が外れた時に備えてどこまでの喪失なら許せるのかあらかじめ損切りのラインをちゃんと定めておきましょう。

どうでしたかFXの順張りと逆張りについて理解できたでしょうか。

それぞれメリットデメリットのある取引手法ですが初心者にオススメの手法は順張りです。

ですがそんな順張りでも取引の判断をするためにはチャートを読み解いたりいろんな情報を集めて時間をかけて判断しなくてはいけません。

まとめ

では今日のまとめです.

順張りは相場の動きに沿って取引を行う逆張りは相場の動きに逆らって取引を行う。

初心者には順張りがおすすめぜひ覚えておいてください。

おすすめの記事